【ハッピーメール】稲場るか似の巨乳セフレをゲットした体験談【福岡】

2月 10, 2021

【VR】HQ超高画質!結婚初夜に童貞喪失!デカ乳新妻が優しくエッチを教えてくれた…初体験のキス/オッパイ揉み/パイズリ/フェラで大暴発!肌が触れ合う濃厚密着SEXで何度も膣内射精! 稲場るか

今回は私がハッピーメールでAV女優の稲場るか似の巨乳セフレをゲットした流れを紹介します。

この子は私の初セフレで、ほぼセックステクニックだけで上手くいった例になります。

運が良かったということもありますが、出会い系やっててよかったと初めて思いました(笑)

それでは体験談を書いていきます。

ハッピーメールで巨乳ちゃんと割り切りで会う(1回目)

私は巨乳~爆乳が大好きで、クソデブじゃなければ大体なんとかなります。

まあ過去に何とかならなかった例もありますが(笑)

そんな巨乳ちゃんをハッピーメールなら簡単に検索できます。

ハッピーメールで巨乳ちゃんを探す

ハッピーメールは居住地や年齢の他に体型やバストカップでの絞り込みが可能です。

※3サイズは業者が書くことが多いのでまり考慮しません。

この機能はかなり便利で重宝しています。

Eカップ以上の10人くらいにメッセージを送って返信があったなかから有望な子をチョイス。

プロフィールはこんな感じでした。

名 前:ルカ(仮)
年 齢:26歳
バスト:Gカップ
体 型:ちょいぽちゃ
条 件:ゴムあり ホ別苺(1.5万)

条件を聞いたらルカちゃんのほうから提示してくれたので、何通かメッセージをやり取りして業者じゃないことを確信した後に、メアドを交換して土曜日の夕方に会うことにしました。

【ハピメ】ルカちゃんと対面【巨乳】

待ち合わせ場所は小倉駅近くコンビニでした。

気合を入れて1時間も早くついてしまったので、少しカフェで時間をつぶすことにしました。

まったり携帯をいじっているとルカちゃんから少し遅れますというメールが入りました。

私「近くでコーヒー飲んでるから急がなくても大丈夫だよ」

ルカ「ありがとうございます。そこって駅近くのドトールですか?」

私「そうだよ。」

ルカ「じゃあそっちにいきます!」

私「入って左手に一人で座ってるね。」

しばらく待っていると、服の上からでもわかる巨乳ちゃんが入店してこちらにきました。

M男クンのアパートの鍵、貸します。 稲場るか

私「えーと、ルカちゃんかな?」

ルカ「タカシさんですか?はじめまして、ルカです。」

まず、めちゃくちゃ可愛い。全体的に稲葉るかをさらにふっくらさせた感じ。

ちょっと太目ではあるけど、ぽっちゃり好きならたまらない体つきをしている。

出会い系ではじめて大当たりを引いた!

出会い系は基本ハズレが多いけど、当たりを引いた時は自分が発掘した感があって嬉しいんだよなぁ。

私「想像以上に可愛くて、ちょっとびっくりしてるよ。」

ルカ「ありがとうございます。タカシさんも思っていたより背が高くてがっちりしてますね。」

まあ私の場合は太っているからでかく見えるんですけどね(笑)

それから少し話をして、頃合いを見てホテルへ移動することにした。

ホテルでのプレイ(1回目)

部屋に入って先に条件の金額を渡し、一緒にシャワーをあびるために服を脱ぐ。

下着姿になるとさらに巨乳がはっきりわかる。

めちゃくちゃ大きいブラを取ると・・・たれてない!

すごく張りのあるGカップで本人はかなり自慢らしい。

後は腰回りもぽっちゃりで相当エロイ。

ほめまくるとまんざらでもない様子だった。

ベッドへ行って、部屋が明るすぎて恥ずかしいというので暗くして開始。

このころの私はテクが全くなく、本能のままに乳首やクリをさわり、入れたくなったらゴムをつけて挿入し、膣内が気持ちよすぎてすぐ射精するという最悪のセックスをかましてしまった。

たぶん15~20分くらいで終わったんじゃないかな(笑)

シャワーを浴びた後、こんな当たりの子はめったにいないと思ってアプローチをかけた。

私「ルカちゃんがめちゃくちゃ好みのタイプなんだよね。また来週会いたいんだけどどうかな?」

ルカ「来週だったら土曜日の夜は空いてますよ!」

私「土曜日の夜なら俺も都合がいいね。ちなみに今度は一晩一緒にいて2回戦したいけどどう?」

ルカ「ん~朝までだと最低5万円かなぁ。」

高いけどこの子を逃したくない。

私「OK、それじゃその条件で会おう!」

これが予期せず良い結果につながった。

巨乳のルカちゃんを定期にしてセフレ化するまで

一晩の契約にして月に1~2回の頻度で会うようになった。

夜通し一緒にいると時間があるので、セックスの時に感じるところを教えてほしいとお願いした。

ルカは色々とアドバイスをしてくれるようになった。

女の子は感情が超重要というメンタル的な部分から、キスの仕方(タコキスは論外)、前戯の流れ(いきなり乳首やクリはNG)、じらし方、乳首の触り方(つまむ、引っ張る、吸うは即死)、クリの触り方、Gスポットの刺激の仕方、奥(ポルチオ)の刺激の仕方、入れるときの注意点、入れた後の腰の動かし方など。

ルカの様子を見ながら、アドバイスや要望通りに攻めると次第にガチイキするようになり、最後は奥で中イキするようになった。

中イキするようになると一晩に何度もイクようになり、ルカはむさぼるようにセックスに没頭していた。

いいところでわざと腰を止めると「動いてぇ!動いてぇ!」とおねだりし、そしてはっっと気づいて恥ずかしそうにしていた。

ルカは正常位で密着して、奥に押し付けてポルチオを振動させるのに特に弱かった。

もうイキまくりで、イクたびに足で強烈にカニばさみし、背中に爪が食い込んで流血したこともある。

特に耳元で言葉攻めをしながらポルチオをせめると狂ったようにイキまくった。

連続してせめまくるとずっとイって、リアルに「こわれる」とか「もうゆるして」とか叫んでた。

ルカから「いっしょにいきたい」とお願いされて、フィニッシュは一緒にいくことが多かった。

一緒にイクと終わった後に「すごいね」と感極まった顔で言われてた。

たまに射精まで時間がかかると「もう我慢できないよぉ」と言いだすので、先にイッていいよ?と許可すると「ごめんなさい、いくいく」と強烈にイッていた。

実はこの時すでにるかに惚れられていたみたいだけど、私は割きりでお金を払っているから全然気づかなかった。

ルカとの定期が終わりセフレになる

1年近く定期の関係が続いてセックスに自信がついてきたので、他の女を味見したいなと思うようになった。

そこでハピメで他の女と会ったりして、ルカとの連絡も疎遠になり、1ヶ月まるまる誘わなかった。

そうするとルカのほうからお誘いがきた。

ルカ「今月はいつ会うの?」

私「あんまりお金ないから、今月はやめとくわ。」

ルカ「今回は半額でもいいから会いたいな。」

私「ん~まあそれならオッケーだよ。」

しょうがないかと思い会うことにした。

その日もたくさん求められて、ホテルに入ってすぐと寝る前・朝起きてからと3回セックスしてイカせまくった。

それから1ヶ月会わなかったら、また催促のラインがきた。

ルカ「最近寂しいよ(´;ω;`)」

その頃には別の若い子とすでに定期をしていたから、とりあえず忙しいということにしておいた。

私「ゴメン、仕事が忙しくてなかなか時間が取れないんだよね」

ルカ「週末だし今日の夜にご飯だけでも会えない(´;ω;`)?」

ちょっと心が痛いな・・・

私「大丈夫!時間作るよ。仕事終わったら迎えに行くね。近くの○〇寿司を食べに行こう。」

ルカ「わーい、お寿司大好き!ありがとう!」

その日楽しくお寿司を食べて家まで送ろうとしたら、ルカが寄りたいところがあると言い出した。

夜景が良く見える山の展望台に行って、車内で話していると徐々にエッチなムードに。

ルカ「タカシさんの匂いを嗅がせてほしい・・・」

私「こっちにおいで」

ルカは素直に私の胸に顔をうずめてスーハーし始めた。

自分のコートで隠しながら、耳や背中を優しく触り、徐々に乳首や太ももを優しくなぞる。

10分くらいじらしながらせめていた。

ルカ「もっと触って!いつもみたいにしてよぉ。」

下着の上からクリを優しくせめて、下着の中に手を入れて直に愛液をつけながら直接刺激してイク寸前で止めるのを繰り返した。

私「これから先はゆっくりできるところじゃないとね。」

ルカ「うん・・・」

そのまま下山途中にあるラブホへ直行。

ホテルに入ったらすぐに服を脱がせる。

下は大洪水という表現がぴったり、周辺だけでなく太ももまで濡れてた。

ホテルの確認電話が鳴ったので、愛撫をしながらルカに対応させた。

電話が終わると「はやく!はやく!」と催促されたが、指でさらにじらしまくってやった(笑)

そしてゴムをつけて挿入。

奥までゆっくり入れて顔を見たら我慢できないという表情。

ためしに少し振動させたら、その瞬間に腰を激しく上げてイッた。

ピーンと伸びて、すごい顔してた笑

そこからいつも通りめちゃくちゃイカせてやった。

セックスが終わったあと、ベッドの上で話をした。

ルカ「なんで最近誘ってくれないの?飽きちゃったの?」

私「そういうわけじゃないんだけどね。俺も彼女かセフレが欲しいから探してるのよ。るかは彼氏とは別れないでしょ?」

そう、ルカには付き合って長い彼氏が居るのだ。

ルカ「うん。彼氏は大好きだもん。」

私「んじゃ、おれも真面目に彼女候補を探さないといかんのよ。」

ルカ「彼女ができるまで会うっていうのはダメ?」

私「今日みたいにご飯行った後にホテルならいいけど?」

ルカ「ほんと!いいよそれで~。彼氏にばれないように少し遠出してくれたらokだよ。」

私「なんでそんなに俺にこだわるの?」

ルカ「やばいくらい気持ちいいんだもん。それに攻めてる時にすごく冷静な顔をしてて・・・自分のイッている姿を見られて恥ずかしいんだけど、その顔にすごくドキドキするの。なんでだろ?かっこいいってわけじゃないんだけどね。」

私「えーと、俺のこと好きなの笑?」

ルカ「彼氏がいなかったらすぐに付き合ってるくらいには好きだよ笑」

その後も色々話をして解散した。

この日からルカは私のセフレになった。

ルカがセフレになった後

ルカがセックスしたい時や俺がしたい時に会うようになった。

セフレになってすぐに、ルカの方から「ゴムは痛いから今度から生でしていいよ」と言われた。

でも「外で出してね」という条件だったから、「ルカの中に生で入れたら外に出す自信は無い」と自信満々に言うと、中出しokになった。

ルカに初めて生で入れた時のことを覚えているが、ゴムでもそうとう名器だと思っていたが、気持ちよさが半端なかった。

この後にも100人近く女は抱いたが、ルカほどの名器には会っていない。

それから2年ほどセフレが続いた。

徐々に要求(主に精神的な)が激しくなってきて、感情をぶつけられたりして、正直会うのがおっくうになる時もあった。

ルカは若干メンヘラが入っていたから、心を許すとこういう部分もどうしても出てきちゃうんだよね。

でも結局次のセフレが見つかっても、同時進行でたまに会っていた。

最終的に大阪に行くという彼氏の後をついて行ってしまったので、会う頻度は激減した。

しかし今でも年に1回くらい地元に帰ってきた時は会ってセックスしている。

体の相性が抜群に良いんだろうな、俺を忘れられないらしい。

【ハッピーメール】巨乳セフレの体験談まとめ

私の過去の体験談を書いてみました。

ネットでよく見る「会ったその日に無料エッチをしてセフレができた」という話とは違って、時間はかかりましたがセックステクだけでうまくいったという事例ですね。

私はセフレを作るには「相手に何が与えられるか」が大事で、イケメンでもなく話術がうまいというわけでもなく、お金持ちでもないなら後はセックスでいかに気持ちよくできるかしかないと思っています。

出会い系はセックスの練習に都合が良いんですよね。

いくら失敗しても次があるから挑戦しやすいです。

何もせずにいるよりも出会い系でもまれて男として成長していったほうが、最終的にセフレや彼女を作る近道になると思いますよ!

1日に約2000人が登録!
\ 無料 1200円分のポイントで/

出会い系

Posted by TAKASHI