【2021年2月6日】中洲風俗店(ソープ・ヘルス)の新型コロナ状況

2月 6, 2021

【中洲南新地】2021年2月の昼間撮影

2021年2月2日の発表で、福岡県は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の期間が3月7日まで延長されました。

現在中洲で遊ぶお客さんは激減していますが、風俗業界の厳しい状況は当分続きそうです。

だからといって性産業の需要はゼロにはならないし、風俗に癒しを求める男性が多数いるのもまた事実なんですけどね。

そんないつもは中洲でよく遊んでいて、現在自粛中の方の中には、中洲の今の状況が気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで私は中洲で働いている数人に、現在の状況についてガチで聞いてきました。

中洲の風俗街でコロナ感染者は出てるのか?

感染対策はどうなってるのか?

熱がある子とかは本当に出勤させていないのか?

この記事では、上記3点について書いていきたいと思います。

※ちなみに私は緊急事態宣言下で風俗店に行くことを推奨しているわけではありません。

中洲の風俗街で新型コロナ感染者は出ているの?

まず最初は皆さんが一番知りたいであろう「風俗街でコロナ感染者が出ているのか?」についてですが、ソープやヘルス合計3店舗の関係者に聞いてみました。

まず結論から先に書きます。

タカシ
タカシ
中洲南新地の風俗街で新型コロナの感染者が出たというのは聞いたことがないそうです。

みなさん一様に同じ答えでした。

もちろんこれだけで感染者ゼロが確定と言うわけではありません。

例えばコロナに感染して自主的に嬢が休んだ場合は、そのお店の関係者しか知りようがありませんしね。

ただ、少なくともお店でクラスターが発生した場合はすぐに噂が広まるので、複数感染者が出たことは無いとは言えそうです。

実際、中洲の飲み屋街で発生したクラスターはニュースになっちゃってます。

福岡市では71人が感染。うち4人は博多区中洲の接待を伴う飲食店「メンズ倶楽部」の従業員で、既に陽性が判明している従業員を含めて感染者は計6人となり、市はクラスターと認定した。

西日本新聞

クラスターが発生した博多区中洲の接待を伴う飲食店「フィリ・キャバGOLD」では新たに従業員22人と客8人が感染し、計46人となった。

西日本新聞

また、「感染者は風俗に行ったことを保健所に黙っているから、結果として風俗店でコロナ感染者は出ていないように見える。」という意見もありますが、感染した嬢が出勤し続ければお店のスタッフ等に感染してクラスター化するので隠しようがないと思いますよ。

風俗店で感染した例もニュースになっていますしね。

青森の警察官感染 風俗店女性と濃厚接触(河北新報)
風俗店勤務 20代女性の感染確認 発熱後も接客 徳島 新型コロナ(NHK

以上のことから、中洲の風俗で感染者がたくさん出ているわけじゃないんだということは理解してください。

感染対策はどうなっているの?

各店舗ともスタッフのマスク着用・除菌やうがいなどの対策を掲げています。

これによってスタッフや待合室での他のお客さんからの感染はある程度は防げそうです。

しかし、ぶっちゃけいって嬢が感染していた場合はどうしようもありません(笑)

風俗店なので部屋の中では濃厚接触しますからね。

まあ自分の免疫力を上げるためにR1ドリンクでも飲むしかない。

お店としてはできるだけの対策をしていますが、気休め程度と考えた方が無難ですね。

熱がある子とかは出勤させていないのか?

体温についてはちゃんと測っているみたいです。

出勤時に熱があった場合は本当に帰らせていますし、風邪の症状があった場合も同様で徹底しています。

普通の会社と同じで濃厚接触者になった場合はPCR検査で陰性確定まで出勤停止です。

しかし問題は感染者の約30%程度を占める「無症状」だった場合で、熱も出なければのども痛くありませんし、これには対策のしようがありません。

それでも症状の出る半分以上の人は取り除くことはできているので、お店は最大限の努力をしているなあという印象です。

まとめ

2021年2月6日現在、中洲の風俗街で新型コロナ感染者はほぼ発生していないと言えそうです。

感染者が出たなんて広まったら致命傷ですので、やっぱりまともなお店は感染対策を頑張っていますよ。

もとこの業界で働いていた身からすると、なんとかこの状況を乗り切ってほしいなと応援しています。

コラム

Posted by TAKASHI